診療案内

当院の診療方針予防についてカレンダー病院情報

診療案内
診療の中心は、
一般内科・一般外科・予防医療となります。
専門病院ではありませんが、
皮膚科や歯科にも力を入れています。

基本的には院内にて検査・治療・入院を実施できるよう設備を含めて準備していますが、
特殊な検査などは外注検査や機器を持っている病院へ紹介をさせていただいています。
診療対象は犬・猫・うさぎを基本としております。その他の動物は来院前にお電話にてご確認をお願いいたします。

ストレスの少ない診療のために

診療案内

当院では少しでもストレスの少ない診療を目指し、予約優先診療以外にも広めの待合室、性格や動物種に応じた診察室の使い分けをさせていただいております。また食べることが好きな子にはおやつを使用することでほんのちょっとでもペットが病院を好きになってくれたら嬉しいと思い、診察時に使用させていただいております。お気に入りのおやつなどがある場合はお持ちいただけると助かります。また食べ物に対するアレルギーなどあれば来院・診察時にスタッフへお伝えいただければと思います。

ペットと一緒にみなさまが笑顔あふれる毎日が送れるようにスタッフ一同頑張っております。足りない所などあればご指摘いただければ助かります。ペットと過ごす日々が素敵な時間となるよう心より願っております。

当院の診療方針

当院の診療方針

大野中央もみじ動物病院はペットと飼い主さまに合わせた診療を実施したいと考えています。
そのためにインフォームドコンセントとして飼い主さまに病気のことを分かりやすく説明することはもちろん、治療を実施するペットの性格や環境などを考え、どのような治療が合っているのかを一緒に考えていきます。

ペットの診療も出来ることが増え、大野中央もみじ動物病院でも出来ることを増やしていきますが、すべてが当院で対応できるものばかりではありませんのでペットの症状や飼い主さまの希望に応じてそれぞれに専門の病院へ紹介もさせていただきます。

また病気や治療のこと以外にも普段の生活の中で生まれる小さな不安や悩みも解消し、ペットとの楽しい生活を提供したいと考えていますので小さな事でもお気軽にご相談下さい。セカンドオピニオンや飼育前の相談なども対応しています。

皮膚病のケア

皮膚病のケア

皮膚病は短期間で治療が終わるものもあれば、生涯を通して付き合っていかなければいけない場合もあります。
特にアレルギーやアトピー、脂漏症(皮膚がべとつき、ふけが多い)は様々な治療を組み合わせて症状をコントロールしなければならないことが多いです。治療は飲み薬(抗ヒスタミン、ステロイド、免疫調整薬、抗生剤、抗真菌薬etc)、外用薬(抗生剤、抗真菌薬、ステロイド、免疫調整薬、保湿etc)、注射薬(IFN、減感作療法etc)、フード(新奇蛋白、低分子、アミノ酸etc)、サプリメント(必須脂肪酸、セラミドetc)、シャンプー(抗菌、抗真菌、抗脂漏、保湿etc)など多岐にわたります。費用も安いものから高いものまであります(症状が強い子はどうしても費用が高くなってしまうことが多いです、すみません)。

ペットの性格や費用などを話し合った上で目標を決めて治療を実施していきます。治療に対して不安やわからないことがあればお気軽にスタッフまでご相談いただけると助かります。

歯周病

歯周病

犬・猫では虫歯は少ないのですが、歯周病となってしまうことがとても多いです。歯周病になってしまうと口臭がきつくなったり、硬いものが食べられなくなってしまったりします。酷い場合は頬(ほほ)が炎症で腫れたり、膿が出てきてしまったり、歯が抜けて無くなってしまったりすることもあります。歯周病のしっかりとした治療には麻酔処置が必要となってしまうことが多いです。歯周病の予防のためには小さい頃からケアをはじめることが効果的です。年をとっても時間を掛ければケアは出来ますのでご相談下さい。

予防について

生活環境や性格により必要な予防の種類が変わることがあります。
分からない場合はスタッフまでお気軽にご相談下さい。

犬の予防について

1.狂犬病予防接種 狂犬病予防法で毎年の予防接種が義務づけられています。万が一、他の犬や人を咬んでしまったときなども問題となります。年1回、基本的には春(4-6月)に接種をします。※日本国内では発生がありませんが、狂犬病にかかってしまうと致死率がほぼ100%の怖い病気です。犬だけで無く人の安全のためにも接種しましょう。
2.混合ワクチン接種 狂犬病と違い、日本国内で発生している病気の予防となります。当院では生活環境に応じて4~11種(基本は5種、8種)を使用しております。基本は仔犬の時に複数回接種し、その後は年1回追加接種を行うことで予防効果を維持しています。抗体価を測定し複数年に一度接種することも出来ますが検査費用が別途かかります。
3.フィラリア症予防 心臓に寄生し、心臓病を起こす寄生虫です。当院では5-12月に月1回の飲み薬(おやつタイプや錠剤)、もしくは年に1回の注射で予防します。飲み薬の場合には毎年の投与前に血液検査にて安全な投薬が可能かどうか確認することをおすすめしています。
4.ノミ・マダニ予防 草むらや山が好きな子や、野良猫が近くにいる場合には予防をおすすめします。月1回の背中に垂らすタイプ、月1回食べるタイプ、3ヶ月に1回食べるタイプの3種類があります。※マダニは人にSFTS(発症すると死亡することがある人の病気)を感染させる可能性があります。人の安全のためにも状況に応じてしっかりと予防することをおすすめします。

猫の予防について

1.混合ワクチン接種 仔猫時に複数回、その後は年1回追加接種をすることで予防効果を維持します。室内飼いの子でも3種の接種をおすすめします。3種に含まれているものは主に猫風邪と呼ばれ、伝染力が強い病気です。予防接種をしておくと万が一感染しても人のインフルエンザワクチンと同様に症状を軽減することが出来ます。外出する子は少なくとも5種の接種をおすすめしています。※外に出る場合には猫エイズ(FIV)や猫白血病(FeLV)といったウイルス感染症にも注意が必要です。
2.ノミ・マダニ予防 月1回背中に垂らすタイプのお薬で予防します。野良猫はノミやマダニが年中付いていることが多いですので、外出する子は通年での予防をおすすめします。外出しない場合でも野良猫が近くまで来ている場合や自然の草木が近くにある場合は活動が活発になる3-12月を目安に予防することをおすすめします。
3.フィラリア症予防 犬ほど高率にはかかりませんが、フィラリア症になってしまった場合、猫のフィラリア症は診断が難しい上に、突然死を起こすことのある困った病気です。犬と同様に5-12月に月1回の予防薬の投薬で予防は可能です。

診療日カレンダー

動物病院概要

動物病院概要
動物病院名 大野中央もみじ動物病院
院長 田村 洋次郎
住所 〒739-0437 
広島県廿日市市大野中央4-9-38
電話番号 0829-50-0012
メールアドレス info@momiji-ah.net
得意診察領域 一般内科、一般外科、皮膚科、歯科
使用可能なカード VISA/Master/JCB/AmericanExpress
保険対応 アニコム?/?アイペット
駐車場 4台(病院前)

診療時間

診療時間
8:00~12:00 × ×
12:00~16:00 手術・往診 × ×
16:00~19:30

※日曜午後の診療時間は14:00~18:00となります。また最終日曜日は終日休診となりますのでご注意下さい。
・緊急時はまずご連絡下さい。時間外でも可能な範囲で対応いたします。対応が難しい場合は広島夜間動物病院や近隣の動物病院をご紹介させていただきます。
・予約優先診療となります。予約なしでも診察可能ですが、待ち時間や診療時間がかなり長くなることがあります。
・緊急度に応じて診察順が変わることがあります。ご予約があったも待ち時間が長くなることがあります。ご了承下さい。

時間外の対応について

時間外の緊急連絡も病院と同じ番号(0829-50-0012)へお願いします。
病院に不在の場合は携帯電話への自動転送となります(転送メッセージは流れません)。
繋がらない場合には留守番電話となりますのでお名前、カルテ番号、症状、状態などを残してください。
留守番電話を確認でき次第、ご返信させていただきます。
返信には携帯のナンバーディスプレイに表示されたものを使用しますので通知設定でご連絡をお願いします。

※緊急性が高い場合(呼吸が荒い、ぐったりして動かないなど)、数分以内に折り返しが無いときは近隣他院
もしくは広島夜間動物病院(082-508-6850)の受診をご検討ください。
※時間外対応では時間帯や診察時間の長さに応じて時間外診察料が必要となります。ご了承下さい。

来院前にはご連絡・ご予約をお願いしています

来院前にはご連絡・ご予約をお願いしています

0829-50-0012

※予約優先診療
※電話番号通知設定をお願いしております
(処置等で出られず折り返しでの対応となることがあるため)

MAP